絵本のもらわれ先を考える

絵本のもらわれ先を考える

絵本が溢れています。

小学校4年生&2年生の息子が大きくなる過程で増え続けたもの。プレゼントもあれば、私が買い与えたものもあり、棚の一角を占めています。

思い入れがあるので、大切に保管をしていましたが、小学校になると図書館で借りるような小児用小説が読書の主流に成りつつあり、絵本は幼稚と敬遠している様子です。

じつは、私の子ども用に増えたもの以外に、私が子どもの頃にもらったものが相当数あります。

母親が取っておいたものを、私の子どもに読ませようと家に持ち帰ったわけです。

読むことはしましたが、ほんの数回。

お気に入りは別にあったので、年代物の絵本たちの活躍の場は余りありませんでした。

ただし、捨てるには心が痛むこともあり、ママ友に相談したところ、子育て支援相談室に寄付できることがわかりました。

市の施設で、いつでも子どもが遊ぶ為のスペースを開放しており、曜日によって看護士さんが待機していたり、引退した保育士のかたが遊んでくれたりする施設です。

そういえば、我が家もお世話になりました。

改めて問い合わせると、フリースペースの読書コーナーにおいてくださるとのこと。

早速、箱に積めて持参しました。

小さな子どもたちが手に取り、ゆっくりと絵本を眺めている姿を見て、処分せずに良かったと心から思いました。

高く売れる古本

高く売れる古本の情報はオークファンやamazonなどのサイトで調べることができます。

net買取予約

ネットでカンタンに売る予約をすることができます。

思ったよりずっと安い・・・ 

買取安すぎ 本を大事にeco-book